スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<国家公務員>一般職の新規採用者数確定見送り 大臣折衝も(毎日新聞)

 政府は14日、11年度一般職国家公務員の新規採用者数の確定を見送った。「天下りあっせんの全面禁止」に伴い、総務省が示した採用枠別の抑制目標に対し、財務省や法務省など専門職を抱える省庁が反発しているため。政府はすでに11年度新規採用者数を09年度(9112人)から、約4600人へと半減する方針を打ち出しているが、各省庁や職種ごとの採用枠は固まらず、年末の予算編成と同様、大臣折衝に発展する可能性が出てきた。

 総務省は11年度の新規採用者数について、採用枠別の抑制目標を提示している。企画立案に携わる国家公務員1種(キャリア官僚)と2種は2割減。地方の出先機関を原則8割減とするほか、国税専門官や刑務官など専門性の高い職種は5割減としており、総務省と各省庁との間で調整が続いてきた。

 しかし、国税専門官のほとんどは定年まで勤め、早期勧奨退職(肩たたき)による天下りの事例は少ない。菅直人副総理兼財務相は14日の記者会見で「肩たたきができないから、新規採用を抑えるというのとは状況が異なる。人員を下げると徴税活動が十分な形を取れず、税収にマイナスの影響を与える」とクギを刺した。

 刑務官や法務教官、入国警備官が5割減となる法務省も採用抑制に異論を唱えている。千葉景子法相は「治安とか国際的窓口でもあり、数字だけで簡単にいかない」と反論。前原誠司国土交通相も「安全にかかわる航空管制や海保は、できるだけ対象にしないよう申し上げている」と指摘した。

 これに対し、原口一博総務相は「個別の事情は省庁ごとに違い、最終の詰めを今やっている」としながらも、事務レベルで調整がつかなかった場合、大臣折衝を行う意向を示した。14日は国家公務員1種の1次試験の合格発表日。未来のキャリア官僚たちは正確な採用者数が分からないまま、手探りの就職活動を強いられている。【笈田直樹】

【関連ニュース】
国家公務員:新規採用 キャリア2割減 地方機関は8割減

小沢幹事長 「『犯罪ない』結論出た」 会見で強気発言(毎日新聞)
【ぐるり地球紀行】今回は「台湾」をぐるり 山紫水明、神秘の眺め(産経新聞)
飲酒運転に同乗、巡査逮捕=現場から逃走―長崎県警(時事通信)
<国民新党>地方経済再生へ年3兆円 参院選マニフェスト案(毎日新聞)
教員免許制を再検討、養成課程延長も…文科省(読売新聞)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おのうえあきらさん

Author:おのうえあきらさん
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。